社会人から看護師になる

社会人として働き始めて仕事をしている中で、看護師の資格を取りたいと思うようになる人もいます。
社会人から看護師になるにはどうしたら良いのでしょうか。
まず社会人として働きながら看護師の養成校に通うのは実質難しいです。しかし准看護師学校を働きながら通うことは出来ます。

 

看護師の養成校は3年間なのですが、その間にびっちりと勉強をして、病院で実習もしなくてはなりません。
学校がない時にアルバイトぐらいはできますが、そのアルバイトをするのも大変なぐらいのスケジュールです。
まず看護師になるためには3年間の学費、そしてその間の生活費を貯める必要があります。
一人暮らしをしているなら一人暮らしの生活費がかかってきてしまいます。
費用面の問題がクリアしたら、看護師養成校で3年間勉強します。その上で看護師の国家試験に合格して、看護師として就職するという流れがあります。

 

一から勉強をして大変なのですが、看護師の資格があればずっと働きつづけることができる、ある程度の収入が確保できるというメリットがありますし、女性であっても結婚、出産を経ても安定して働ける仕事だと言えます。
託児所が完備されている病院も多く、子どもを預けて働きたいと思う人にも良いです。

 

私の知り合いで社会人から、看護師になった人がいます。
その人は障害のある人の入所施設で介護をしていましたが、看護の資格があったらもっと医療面も気をつけながら関われると思ったようです。
働きながら看護師を目指すことにして、施設側のバックアップもあり、仕事を休み看護師の資格取得に専念して、資格を取ってから同じところで
働いていました。看護師に関連している職場では、そのように応援してくれるところもあるようです。

 

今の職場で働き続けていくこと、看護師になることを比較して、困難なところがたくさんあっても看護師になりたいと思うのであれば、挑戦してみたら
良いと思います。看護師になるのは年齢制限はありませんし、いつからでも目指すことができます。

更新履歴